単位制・通信制とは

通信制とは???

  全日制や定時制の高校では、毎日登校し、授業を受けて単位を修得していきますが、通信制の高校は、自宅での自学自習を基本とする学習形態で行います。そのため、様々な条件を持った幅広い層の人々が学ぶことができる仕組みになっています。
  通信制での日々の学習は、自分で教科書などを読んで、与えられたレポート(報告課題)を解答し、添削を受けることで進めていきます。また、定められた時間のスクーリング(面接指導)を受け、日頃の疑問点などを解決していきます。そして定期テストに合格すれば、科目の単位が取得できます。
  本校では、毎月第2・4週の土・日曜日にスクーリングが行われています。また、姉妹校のれいめい高等学校・尚志館高等学校でも月に1回行われています。

単位制とは???

  単位制には学年という概念がありません。あなたの在学期間及び修得単位数を累積加算して、卒業に必要な3年以上の在学期間と74単位以上の修得があれば卒業が認められる制度です。学年がないので留年がなく、一度修得した科目が無効にならないといった特色があります。
 もし、あなたが過去に高等学校に在学していた場合、そこで終了した年数は本校での在学期間に加えられます。また、その期間に得た単位も同様に認定されます(※1)。さらに、高卒認定試験(旧大学入学資格検定試験)の合格科目の単位や各種検定の資格も、一定の基準により修得単位として加算されます(※2)。
  本校の最大の特色としては、生徒個人の修得単位数に応じて1年次生・2年次生・3年次生と呼び、人数の多い学年は更に細かく分けてクラスを作り、各クラスに担任を置いていることです。これによって、生徒一人一人の状況に応じたきめ細やかな指導が可能になっています。

疑問にお答えします。
入学式の様子

(※1)(※2)本校は普通科ですが、
工業・農業など専門学科で修得済みの専門科目の単位については一部が認められることがあります。
詳しくは本校までお問い合わせください。


   Q&Aにもどる

トップページに戻ります