学校概要

学校名
鹿児島県 曽於市立 末吉中学校
所在地
〒899-8605
鹿児島県 曽於市 末吉町 二之方 2101番地
電話・FAX番号
TEL. 0986-76-1126
FAX. 0986-76-3648
開校
1947年(昭和22年)
1972年(昭和47年) 末吉町統合校として再スタート(創立45年目)
職員数(平成30年4月現在)
36名
生徒数(平成30年4月現在)
1年:男子73名 女子78名 計151名
2年:男子74名 女子70名 計144名
3年:男子88名 女子65名 計153名
合計:男子235名 女子213名 計448名
部活動(体育系12,文化系3)
野球,サッカー,男子バレーボール,女子バレーボール,男子バスケットボール,女子バスケットボール
卓球,女子ソフトテニス,柔道,剣道,弓道,陸上,吹奏楽,美術,ボランティア(プログレスから名称変更)

校区の概要

 末吉町は,平成17年7月1日,大隅町・財部町と合併し,40,000人を超える曽於市となった。都城盆地の南部に位置し,遠くに霧島連山を眺望し,大淀川の上流地帯である。夏は暑く,冬は寒さの厳しい環境にあるが,畜産や近郊農業が盛んで,「畜産の町」と称されている。
 車で10分近くの距離に隣接する都城市が経済圏で,東回りの自動車道路の開通に伴い,鹿児島市まで1時間となり,国道や県道が交差し,交通量が多くなっている。
 また,曽於市は「メセナ総合大学」を開設し,生涯学習を積極的に推進し,「教育振興の町・絵の町」を掲げ,教育・文化・運動施設が充実している。
 平成24年4月から南之郷中学校と統合になり,9小学校区になった。檍・高岡線と光神線の2系統のスクールバスが運行され,生徒の約44%が自転車通学である。これまでに校舎建築や改築を行い,平成15年12月には屋内運動場及び武道場,平成16年8月には特別教室棟が落成した。それと同時に,特別教室棟屋上に太陽光発電システムを設置し,平成17年12月にはプールが新設された。平成20年7月には,普通教室を含む管理棟校舎新設も完了した。併せて平成24年度には南之郷中学校と統合した。
 生徒は純朴で明るく,部活動も盛んで,各種大会での活躍とともにしない行事へ積極的に参加するなど,校区民の期待は大きい。さらに,保護者の教育に対する関心も高く,教育活動に理解があり,協力的である。進学先も,鹿児島県内はもとより,隣接する都城市内への進学も多くなっている。

末吉中学校 校歌

平成29年3月14日(火)に行われた第44回卒業式で生徒たちが歌った校歌を収録しました。

学校沿革史

No.1 ~昭和48年 3月31日
No.2 昭和48年 4月 1日~平成元年3月31日
No.3 平成元年4月1日~平成11年3月31日
No.4 平成11年4月1日~平成21年3月31日
No.5 平成21年4月1日~